真田丸に因んだ切手

真田丸

お馴染みのNHK大河ドラマ「真田丸」、毎週、観られている方々も多いと思います。
真田幸村、ゆかりの地紀州九度山(高野山の麓)に因んだ切手です。見て下さい。



画像



画像



画像



画像




画像



画像



画像



画像



画像



画像



真田氏は信濃の国小県郡の国衆で武田家に仕え、武田家滅亡後、織田信長に所領を安堵されたが本能寺の変の後、上杉、北条、徳川の武田遺領を巡る争いに巻き込まれて行きます。



真田十勇士


画像



画像



画像



画像



画像



画像



真田庵

真田庵は、幸村と父昌幸が1600年関ヶ原の合戦で西軍に加わり、西軍敗退後、東軍に付いた兄信之とその舅本田忠勝の取り成しで、死罪をまぬがれ真田家の菩提寺である高野山蓮華定院に蟄居を命じられた後に幕府の許しを得て14年間移り住んだ紀州藩九度山の屋敷跡です。(昌幸53歳、幸村33歳の時である)


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



真田父子が蓮華定院に身を寄せて間もなくして、妻子との生活が許されます。しかし、高野山は女人禁制だったため、麓の九度山に住むことにし、屋敷を建てたということです。その屋敷跡に建つのが真田庵(善名称院)です。



幸村の里


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



ご覧頂き有難うございました。詳しくはNHK大河ドラマで!

この記事へのコメント

2016年03月23日 18:00

こんばんは♪
昨秋に九度山の真田庵の辺りをハイキングして
柿のシーズンで柿など土産に買いました。
六文銭の赤い幟が駅舎や道筋に立てられて
風に靡びいていましたが、ドラマの効果で
旅行者が大勢来て九度山が活性すると良いですね。

2016年03月24日 10:03
ベティーちゃん、お早うございます。
紀三井寺の桜も開花宣言、すっかり春の装いになりましたね。
九度山、テレビ放送と共に活況を呈してきました。
和歌山にとっては良い風向きですね。
あちこちに六文銭の赤い幟が立っていたでしょう。
今年はまだまだ増えるのと違いますか?
何時もコメント、気持玉、有難うございます。
♪ちかちゃん
2016年03月26日 08:32
こんなに沢山の切手も有ったのですね 真田幸村祭りに一度行ったのです丹生川に鯉幟が飾られて賑やかなお祭りでした 真田蕎麦も有り 今年はもっと 真田煎餅 真田饅頭なども出来て 賑わうと思いますょ 綺麗な九度山の町並みも 見せて頂き有難う。
♪ちかちゃん
2016年03月26日 08:40
・花は散れども香りは残る ・花は桜木 人は武士・ 今まさにですね ★この時期に桜詠まぬ味気無さ・  です
2016年03月26日 11:25
NHK真田丸、段々と佳境に入っていきますね。切手も多種多様ですね。
子供心に憧れていた神出鬼没の忍術使いとしての猿飛佐助・霧隠才蔵、三好青海入道の姿と違い真田幸村の片腕となった立派な武士だったのですね。
暖かくなってから九度山へ行きたいですね。
2016年03月26日 13:43
ちかちゃん、こんにちは。
あちこちに、木蓮、こぶしの花が咲き、
すっかり春らしくなってきましたね。
九度山町、脚光を浴びてきましたね。
和歌山県人として嬉しいです。
静かな良い所ですよね。
戦国の世を駆け抜け、徳川家康をも恐れさせた武将、真田幸村(本名真田源次郎信繁)、隠遁生活を送った九度山や高野山、今年は訪れる人も多いことでしょうね。
何時もコメント、有難うございます。
2016年03月26日 13:56
my生さん、こんにちは。
良い時候になってきましたね、どこかへ出向きたいような。
真田丸、観られていますか?私は大河ドラマファン、毎週見ています。
活況を呈してきました。
子供の頃、猿飛佐助や、霧隠才蔵等の本をよく読みましたね。
九度山に行かれるのであれば、牡丹の花が咲く頃が良いですよ、
真田庵には大輪の牡丹あり綺麗です。
何時もコメント有難うございます。
2016年03月27日 13:54
こんにちは(^^♪
九度山は真田幸村にゆかりのある所ですから
今年の大河ドラマでは 注目を浴びていますね。
歴史的に人気のある武将ですから
切手も色々出てるのですね。
行楽シーズンの始まり 九度山を訪ねてみるのもいいですね。


2016年03月27日 14:25
はるわかさん、こんにちは。
「真田丸」和歌山でもロケをしたそうですから、和歌山では益々人気が出てくるでしょう。
九度山は目と鼻の先に世界遺産の慈尊院(女人高野)もあり、高野山も近く、良い観光スポットですね。
幸村の旗印ですが先の北条軍との戦での撤退時に幸村が紋の無い旗に北条方のの武将松田氏の永楽通宝を描いて軍を6隊に分けて闇討ちしたところ北条方が松田の謀反と勘違いして大混乱となり、それに紛れて無事上田城に帰りつく事ができました。
これに因んで幸村の旗印に六文銭を描くことになったそうです。
又六文銭は”三途の川の渡し賃”で「不惜身命」仏法のために身命をささげて惜しまないことを意味するとも言われています。
何時もコメント有難うございます。

この記事へのトラックバック