姫路城・好古園

姫路城・好古園 Part 2



画像



画像



渡り廊下・潮音済



画像



画像



画像



画像



画像画像


































画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像画像



























画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像




画像



画像



画像



苗の庭・茶の庭・双樹庵



画像



画像



画像



画像



画像



画像







           ご覧頂き有難うございました。 Part 3 に続きます。



























この記事へのコメント

オレンジ
2016年04月17日 17:29
目に青葉 山ホトトギス 初カツオ 新緑がシャワーのように風に揺らぎ、森林浴を楽しみながらの散策、存分にゆっくり豊かな時間を感じたことでしょう。
つつじの盆栽、藤棚かな[桜のようにも見えますが]**椿の一輪風情がありますね。
さすが日本庭園ですね。
2016年04月17日 20:40
こんばんは(^^♪
主に松が多いように見受けられますね。
枝垂桜・三つ葉つつじ緑の中に彩り効果的です。
姫路城周辺の喧騒の中 ホッとできる
空間ですね。
2016年04月18日 14:44
オレンジさん、こんにちは。
眼に青葉、ほんとにピッタリの風景でした。
一輪の椿、情緒豊かでしょう、風情のある庭です。
藤棚のように見えるのは桜です。古木の杖でしょうねえ。
立派な日本庭園でした。
何時も有難うございます。
2016年04月18日 14:57
はるわかさん、こんにちは。
松の庭は松が多いようでしたが、
渡り廊下あたりはモミジが多いようです。
因って紅葉の頃も良い風景だそうです。
本当に姫路城の中と、雰囲気が全く異なります。
庭園って日本的で良いですね。
何時も有難うございます。
2016年04月18日 17:25

こんばんは♪
少しひんやりして来ましたよ。

好古園、素敵な庭ですね。
見せて頂くだけでも清々しい気持ちになりました。
緑と水と岩で作られた庭園の芸術は素晴らしいです。
中国人の好む岩は、クネクネした塊で私には
気持ちが悪いものですが、日本人の心に響く庭は
こうですよね。
遠景の桜、素晴らしい池に鯉、茶室に向かう
侘びしさ醸す花も良いですね~
私もゆっくりと訪れて見たくなりました。(^・^)

2016年04月19日 10:24
ベティーちゃん、お早うございます。
好古園、本当に素敵な庭でした。
一度は行く価値が十分あります。
機会を見つけ是非行って下さい。
ここは推奨する価値は十分あります。
茶室の庭もいれたかったのですが、パソコンが途中で動かなくなりました。
やむなくpart 3 にまわしました。又見て下さい。よろしく。
何時もコメント、気持玉、有難うございます。
2016年04月19日 20:46
姫路城の隣の好古園、春の好古園もいいですね。桜も咲いて、最高ですね。
私が行ったときは、紅葉の少し前だったかな?
また機会があれば行ってみたいです。
2016年04月20日 10:56
マイライフさん、こんにちは。
今日は良いお天気で気持ちが良いですね。
どこかに行きたいような。
好古園、貴女に聞いて行きましたが、ほんとに綺麗な良い庭でした。
モミジも沢山植えられていたから、紅葉時期もきっと素晴らしいだろうね。
時期を変えて行ったら趣が違うでしょう。私も機会があれば又行きたいです。
何時もコメント、気持ち玉有難うございます。
♪ちかちゃん
2016年04月21日 10:59
見るほどに広い日本庭園ですね 入料金はハウマッチ?そのお金で広い庭を管理してくれる人達のお給料を支払われるのだから・・ 新緑がステキ!花は綺麗!滝も綺麗!って打てばいいのに入料金は?ってネガな事!貧乏性を持て余します 滝の水は山からですか ★落ちて尚 赤き紅椿の儚さょ★ 「白い椿の唄」楠木繁夫さんの歌ですが のちに藤山一郎もカバーしてます 大好きな歌です 口ずさみながら打ってます パート3も楽しみです 見せて頂きありがとう。
2016年04月21日 13:51
ちかちゃん、こんにちは。
今日は雨、四月も下旬になりましたが、何だか肌寒いですね。
好古園、広い庭園です、約一万坪、9つの庭園群で構成されています。
江戸時代をしのばせる築地塀や屋敷門、長屋門等もあります。
入園料は300円ですが、「姫路城・好古園共通券」は大人1,040円です。
白い椿の唄ですか、すぐ唄が出てくるのですね。
雪もかがやけ青春の花は涙のおくりもの……、確か映画の主題歌だったのかな?
私は椿と言えば、山本周五郎の「五辨の椿」を思い出します。
Part3も今、整理中、見て下さいね。

この記事へのトラックバック