姫路城・好古園 Part6

姫路城・好古園 Part 6


姫路城最上部より眼下を見下ろす



画像



画像



画像画像




































画像



画像



画像



画像



画像



画像




画像



画像



画像



画像



画像



画像



城内の見学終わり



お菊井戸



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像

この記事へのコメント

2016年05月15日 09:43
おはようございます。

眼下を見下ろして殿様気分だったでしょう。
色々と戦のために強固に作られているお城で
 外観からの優美さと印象が違いますね。
播州皿屋敷・番町皿屋敷とありますね。どっちだったのでしょうね。
和歌山にもお菊さんのお皿があるというお寺さんがありますよ。
春 良い旅でしたね。
2016年05月15日 11:20

お早うございます♪
“甍の波の~”と歌が出て来るような瓦屋根が
美しいですねぇ。大きな鯱が印象的です。
明治、昭和の鯱も展示され 
平成の鯱も新調されたのですね。
桜とお城は絵になります。
色々写真を見せて頂き、何だか行ったような
気分になりました。(^・^)

2016年05月15日 11:44
はるわかさん、こんにちは。
姫路城、眼下の景色も桜が満開、綺麗でした。
本当に強固に造られていますね、大黒柱の大きいのには恐れ入りました。
播州皿屋敷は播州姫路が舞台の大阪歌舞伎、番町皿屋敷は江戸が舞台らしいです。
その他出雲、土佐等同じような話、あちこちにありますね。
歌舞伎、浄瑠璃、講談等の良い題材です。
「いちまーい、にまーい」と皿を数える情景は良い怪談話しです。
城の最上にお祀りしている、刑部神社にまつわる宮本武蔵の話も面白いですよ。
お菊さんのお皿があるという寺、和歌山市寺町の窓誉寺ですね、お菊地蔵をお祀りしている有名な寺ですね。
何時もコメント、気持玉有難うございます。


2016年05月15日 15:08
ベティーちゃん、こんにちは。
姫路城の瓦、先日テレビで云っていましたが総数80,506枚もあるそうです。
瓦の種類も50種類以上もあって、皆名前があり、一枚々番付けを行い元の所に取り付けたそうです。漆喰も一つ一つ塗り凄い仕事ですね。
壁などの漆喰は上塗りまで5回も塗るそうです。
鯱の重量は約300kgもあるそうですよ。
ほんと桜とお城は絵になりました。
何時もコメント、気持玉有難うございます。
♪ちかちゃん
2016年05月15日 16:26
姫路城も広いですね 眼下を見渡すと姫路の街が一望できて 見る方角で又ちがった姫路の街でしょうね お菊さんの井戸もあるのですね 昔はお盆の頃に四谷怪談など又夏にはハワイアンなども流れたけど・・どちらも昭和の思い出になりましたね 春の旅は桜と城のマッチングで最高でしたね いつも見せて頂き有難う。
2016年05月15日 21:17
矢張り天下一のお城、その威容に惚れ惚れしますね。美しさの裏には防御の秘密も沢山あるのですね。
桜咲く最高の時に美しいお城や素晴らしい庭園巡り、日本の美を満喫され素敵な一日をお過ごしでしたね。
2016年05月16日 09:55
ちかちゃん、おはようございます。
姫路城、お城も立派ですが、庭も広々、散策するのに最高でした。
おまけに桜が満開、良い時に行ったと思っています。
城の白壁も桜で引き立ちました。
お菊さんの怪談話し、最近出てきませんね。
part 7もあります、又見て下さい。よろしく。
何時も見て頂きコメント有難うございます。
2016年05月16日 10:07
my生さん、お早うございます。
緑深い青葉の頃、爽やかな良い季節になりましたね。
姫路城、世界遺産の貫録は充分でした。
登り口から頂上までほんとによく曲がっています。
防備のためでしょうねえ。
桜が満開、恵まれた旅になりました。
何時もコメント有難うございます。












この記事へのトラックバック